パブリックコメントを活用し動物愛護に関して行政へ意見しましょう

ブログ

パブリック・コメントは、国の行政機関が政令や省令等を定めようとする際に、事前に、広く一般から意見を募り、その意見を考慮することにより、行政運営の公正さの確保と透明性の向上を図り、国民の権利利益の保護に役立てることを目的としています。

引用:デジタル庁 パブリック・コメントについて
https://public-comment.e-gov.go.jp/contents/about-public-comment

こんにちは、ペティッショ運営スタッフのTKです。

先日、わたしの住む街(市)にて街づくりの構想に関するパブリックコメントを募集していたので応募しました。

その構想にはとにかく的外れな項目が多く、ペットに関することに限れば一切触れられていませんでした。
我が街はペットに関しては規制するばかりで、共生しようとする考えが丸々欠如しているようです。

公園は原則ペットの立入禁止、県内をみても数か所しかペット立入可能な公園はありません。
信じられないような環境です、我が街ながら怒りを通り越して笑えてきます。

その経緯は、飼い主のマナーが悪いと住民からクレームが多く一応は指導、勧告等したそうですが改善しないので「じゃあ規制しましょう」となったそうです。

分からなくもないですが、定期的に飼い主層に対してマナー向上の勉強会を開くとか、例えばうちの近所であれば公園清掃は子ども会でも実施しているので、飼い主が責任をもって犬の排泄物なども始末しなければ他人に迷惑をかけてしまう事を子どものうちに学び、将来自身が犬を飼ったときにマナーを守る大人になれるような環境づくりもできると思います。

やり方を変えてみるとか長期的な計画を立てるとか、様々なアプローチの仕方はあるはずなので、このような容易な規制は到底納得できるものではありません。

動物の愛護及び管理に関する法律

(基本原則)
第二条 動物が命あるものであることにかんがみ、何人も、動物をみだりに殺し、傷つけ、又は苦しめることのないようにするのみでなく、人と動物の共生に配慮しつつ、その習性を考慮して適正に取り扱うようにしなければならない。

動物の愛護及び管理に関する法律の基本原則に反してるようにも思います、このような規制がまかり通るのは如何なものでしょうか。

わたしはパブリックコメントを通して行政に訴え続けるつもりです。
パブリックコメントなんて無意味なようにも思いますが、当サイトは「やらない善よりやる偽善」をテーマに活動しているので、今後も継続していきます。

平行して地域や行政との繋がりを強化していき、いずれは市・県議会に取り上げてもらおうとも考えています。
場合によっては訴訟も考えております。

皆さんの周りでも、同じように納得のいかない規制や条例によって、犬や猫の権利が侵害されていませんか?
ひとりの市民の声は、行政には簡単に届かないかもしれません。

でも、ひとりがふたり、ふたりがさんにんと増えていくことで、行政を動かすこともできるはずです。

できることから諦めずに行動しましょう、
是非パブリックコメントを活用して頂ければと思います!

 

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

新型コロナウイルス感染症の影響

新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、キャンプ場を含む観光宿泊施設等は制限事項の追加や営業時間の短縮、休業など、それぞれの施設等で国や自治体の指針に基づき、もしくは独自に感染拡大対策に尽力しております。

本サイト上記載の情報はあくまでも平常時の情報となりますので、実際の内容と異なる場合が御座います。

詳細は各自で個別に当該施設等にご確認頂きますよう宜しくお願い申し上げます。

AD

人気記事TOP5

  1. 1

    満願ビレッジ キャンプ場

  2. 2

    清水苑キャンプ場

  3. 3

    毛呂山町ゆずの里オートキャンプ場

  4. 4

    おおばキャンプ村

  5. 5

    奥水間アスレチックスポーツ

ご支援を宜しくお願いいたします

TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。