12月10日(金)17:00から、クラウドファンディングに挑戦し犬猫の保護施設を開設する予定です!

お知らせ

お世話になっている皆さまへ

今日はペティッショから重要なご報告があります!
タイトルの通り、12月10日(金)17:00からクラウドファンディングに挑戦し、チャレンジ成功の場合は犬猫の保護施設を開設する予定です!
追記:現在チャレンジ中です、ご協力を宜しくお願い致します!

—————————————————-
・プロジェクト名:【空家を犬猫の保護施設に改装し1匹でも多く救える命を守りたい!
・公開予定URL:https://readyfor.jp/projects/petissho
・目標金額:750万円
・プロジェクトの概要:ペティッショ代表渡部の自宅敷地内にある空家一棟を本プロジェクトへ提供、改装し犬猫の保護施設「ペティッショ ハウス」にして、保護犬・保護猫を受入れ、できる限りのケアを実施、里親に出せる程度まで必要に応じて治療、トレーニングします。猫に関しては、原則的に事前に不妊手術をして頂いたうえで受け入れますが、野良猫を保護した場合などはこちらで可能な限り対応します。
経過を見て、譲渡できる子に対して里親を募集し、良いご縁があれば譲渡致します。
保護頭数の都合で受入れ不可な場合、他の受け入れボランティア、団体等に協力を依頼。当サイトや各SNS等のメディアを活用して里親募集情報を配信します。
TNRもひとつの選択肢として、これ以上不幸な猫の増加を抑えます。

立上げ当初は、私はじめスタッフ一同が不慣れなため、トレーニング期間として少数の保護からはじめます。
2~3カ月後を目途に本格的な運営体制に移行し、保護活動を活性化する予定です。

幸い、本プロジェクトの拠点となる山形県は、3.11東日本大震災の被災地のすぐそばでありながら大きな被害も少なく、ペティッショ ハウス予定地はハザードマップでも水害想定区域外ですので、非常時でも保護活動を継続しやすい好立地にあります。
スタッフのひとりは防災士の資格取得を予定しており、大災害発生時の犬猫の受け入れはもちろん、できる限りでの支援活動も積極的に行うつもりです。
まだできることは限られますが、ゆくゆくはもっと広く条件の良い場所に移転し、より多くの命を繋ぐプロジェクトにしていくつもりです。

—————————————————-

クラウドファンディングは初めての挑戦です。
一匹でも多くの「飼い主に恵まれない犬猫達」を救いたいという想いを実現するために、是非皆様からご支援いただければと考えております。

クラウドファンディングはスタートダッシュが大切だと伺いましたので、事前に告知させて頂きました。

このサイト自体、そんなにアクセスが多いわけではありませんが、
今後は本プロジェクトのメインサイトとして当サイトのリニューアルも予定しております。

プロジェクトが開始したら改めて皆さまへお伝えしますので、
その際には、プロジェクトの「拡散」と「ご支援」をぜひよろしくお願いします!

ペティッショ代表 渡部

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ご支援をお願い致します!

新型コロナウイルス感染症の影響

新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、キャンプ場を含む観光宿泊施設等は制限事項の追加や営業時間の短縮、休業など、それぞれの施設等で国や自治体の指針に基づき、もしくは独自に感染拡大対策に尽力しております。

本サイト上記載の情報はあくまでも平常時の情報となりますので、実際の内容と異なる場合が御座います。

詳細は各自で個別に当該施設等にご確認頂きますよう宜しくお願い申し上げます。

AD

人気記事TOP5

  1. 1

    清水苑キャンプ場

  2. 2

    おおばキャンプ村

  3. 3

    清水公園

  4. 4

    フォレストステーション波賀 東山オートキャンプ場

  5. 5

    ウエルキャンプ西丹沢

ご支援を宜しくお願いいたします

TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。